スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんつて

先生と言われることが増えれば増えるほど、期待してくれることが増えれば増えるほど
ちゃんとしなくちゃ、期待に応えなくちゃと
知らず知らずのうちにプレッシャーを抱えていることがあるかもしれません。

先生と言ってもらえるなんて、期待してもらえるなんてとても有り難いこと、
そして、プレッシャーは前に進むためのガソリンになります。
時に、自分だけでは決してたどりつけないところに行けたり、景色を味わい、喜びをもらえたりします。

でも無理に走り続けすぎると、身の丈に合わない重さだったりすると、故障したりします。
そして時に荷を下ろして、思いのままに過ごすことも大事です。

そしてまた、プレッシャーをもらい、前へ進む。

きっと世の中、立場違えど、人というのはその繰り返しの日々なのかもしれません。




先日、生まれて初めて、ある体験をしました。

夜の搬入に備え、立川駅前のあるファーストフードのお店でカツサンドを食べていたときのこと。
纏わり付く蠅が一匹。
払っても払っても、纏わり付きます。
カツの甘辛いタレの香りがたまらないようで、至近距離で狙ってきます。
私は、いやーっやめてーっと心で叫びながら払うのに必死です。
隣の女子校生達は勉強がてらおしゃべりに興じ、私は蠅と戦います。

そしてその戦いが、急に終わりました。
ヤツが消えたのです。

今まで出会ったことないくらい果敢に挑む挑戦者、一体いまいづこ?
私はカツに疑惑をかけながら、確認しながら口に運びます。

するとなにやら鼻がモゾモゾ。鼻の中に自発的に動くモノが…。
もしかしてもしかして…。
嫌な予感に反して、モゾモゾもがくように、奥へ奥へいく感じ。
こ、これは…。
慌てて、私はティッシュをとりだし、
フーッ
とひとかみ。一応隣の女子校生達に白い目で見られないよう、少々控えめに。
でも、何も出てきません。
フーーッッ
まだまだダメです。
今度は人目を気にせず全力で、
フガーーーッッ

出た!!

ヤツでした。
ご臨終です。ゴメンナサイ。

その後しばらく、左の鼻の穴からだけ鼻水が止まりませんでした。
そのびっくり余韻を鼻に残しながら、立川伊勢丹で犬猫達を並べてきたのでした。

私の鼻の吸引力はダイソン級よ。なんつて。



こんな話、失礼しました。

では一枚作品写真をご紹介。
PICT7659waimarana.jpg

立川伊勢丹展示「アーティストアパートメントinカワイイアートタウン」明日夕方、中山は会場におります。
立川伊勢丹は入るとほのかにいい香りがします。上の階からのアロマの香りが下りてきているのかな。
ぜひ4階へ、犬猫たちに会いにいらしてください。




スポンサーサイト
プロフィール

中山みどり

Author:中山みどり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。