写真

作品写真
旅立ってしまう子たちを何か形に残したくて、自分で撮っています。
たいていギリギリまで追求して制作、今日撮って納品しなきゃになるのでバタバタです。
天気がよければ近所の公園などに連れていき、少々怪しまれながら、心ぶれないよう短時間集中撮影です。
でも愛情こめてパシャリ。
季節の変化もあって、外での撮影は楽しいです。良く撮れると、気持ちよく作品を送り出せます。

カメラは5年ほど前に購入。
今はなき、コニカミノルタの一眼レフデジカメ。
よくわからない機能は触れないまま、露出の+-だけ調整し、あとは感覚です。
数撮ってきたせいか、こう撮るとこうなるかなと、このカメラと仲良くなれている気はしています。

そして昨年、写真集的ポストカードブック「ほころび時間」(青幻舎)を出版していただき、
もっと撮影にもこだわりたいなぁと思うようになりました。


月に1回、小平で講師養成講座を行っています。
作品は、言葉で伝えるより何より視覚です。
作品の魅力を伝える写真、そして、写真撮るのって楽しいよってことが講師のみなさんにお伝えできたらなと
特別編として写真をテーマにすることにしました。
ちょうど桜の季節ですしね。

ですが、私は技術的なことは一切無視してやってきてしまい、写真を絵だと思って感覚で撮っている偏った人。
羊毛フェルト犬猫ならではのことと、楽しいねってことは伝えられるけど…。

そこで、
プロのカメラマンにお願いすることにしました。
渡辺慎一氏。
私の羊毛フェルトの原点、指人形の「Let's make ゆびにん」の本(小冊子)でも撮影してくれた方です。
著書「伝わる写真が撮れる本」「理想の写真が撮れる本」
カメラマンとして忙しくされていますが、講師をお願いしたら快く引き受けてくださいました。

前半の講義、ふむふむ。なるほど。へぇ~。そうか~。
機械にハテナハテナの私たちも、実践で説明してくれるとわかってきて、興味わいてきます。
後半はみんなで公園へ。撮影大会です。
ちょうど桜がきれいです。
この人達犬猫人形並べて一体何事かしら…ですかね。控えめに撮影がはじまり、
そして撮っていると、楽しくなって、学んだことを試してやんややんや。
写真って楽しい。
1眼レフデジカメ買っちゃおっかなぁ~なんて言ってる方も。
作品作りから、また一つ楽しみが広がったみたいです。

渡辺先生ありがとうございました。

最後に、プロの1枚をご紹介。渡辺慎一氏撮影。
_MG_0070_convert_20110408145541.jpg
オーダー作品、植木屋の看板娘きなこちゃんです。
う~む、さすがです。



スポンサーサイト
プロフィール

中山みどり

Author:中山みどり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR