スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗っけ好き

定期教室は完成月。みなさん素晴らしい作品を見せてくれています。月末に作品お披露目しますね。
その前に、夏に撮りました写真をもう少しご紹介。


乗っけるのが好きです。
PICT7401tokoname.jpg
おぬし何者。

PICT7532togan.jpg
ひえー。

IMG_1168notta.jpg
激混み!




一部こちらに出品いたします。
Artist Apartment in kawaii art town 10月5日より11日まで立川伊勢丹



スポンサーサイト

途中下車

人の心に届く仕事ができたらいいなと思います。

先日、心をガシッとつかまれる歌を聞きました。

自由が丘教室の帰り、代官山へ。
私はライブハウスに行くほうでないのですが、早く帰って制作しなくちゃという思いもあったのですが、友人junnos君の歌が久々に聞きたくて、途中下車してみました。
二年前、junnos君が即興で目の前で歌ってくれたことがあり、なんてすごい人なんだ!と衝撃を受けました。
縄文土器の創造的な美しさ、縄文人の精神をすごいなと思っている私。junnos君を‘現代に旅をしにきた縄文人’と勝手に解釈して敬愛しています。
真理を、愛を、歌っています。
父親となり、かわいい娘を連れ、さらにパワーアップして力強く歌を聞かせてくれました。
感動しました。
PICT7584junnnos.jpg
junnos君↑友人がデザイン。似てます。よくとらえてて、思わず笑っちゃったわ。


今回のライブは「弾き歌い珍道中」というjunnos企画。何人かのアーティストがステキに歌を歌ってくれました。
中でもアサダマオさんという人がとってもとってもステキでやられました。

心地良く、聞く人の力抜かせ、あたたかくまろやかに包み込むように、深くクールに歌います。声もステキです。
関西弁で軽やかにクスッと心和らげてくれるトークもかっこいい。
すっかりファンです。

junnos君もアサダマオさんも、私より10歳くらい若いです。
音楽に明るい私ではありませんが、その芸術性の高さやオリジナリティの素晴らしさに衝撃を受け、尊敬です。

途中下車してよかったわ。素晴らしいものに触れられて、栄養となりました。

そして二人のCDを聴きながら歌いながら手を動かし、生まれたこ。
PICT7583pome.jpg
うふ。かわいい。
二人の深い歌のイメージとは、ちょっと繋がらないかもです。。(笑)



このこはこちらに出品いたします。
tachikawa1.jpg
tachikawa2.jpg
Artist Apartment in kawaii art town
10月5日より11日まで立川伊勢丹、私は4階の女子部屋です。
90cmの小スペースですが、今回は購入後すぐ持ち帰り式でないので、会期終わりでも作品ご覧いただけるかと思います。
中山は8日の夕方に会場におります。
よろしかったら見にいらしてください。





ちょっとこわい

姪っこ、ああちゃんは私が作ったものがちょっとこわい。

IMG_1134aatyan.jpg
猫は好きなんだけど、でもこれはちょっとこわい。

IMG_1131aatyan.jpg
ああちゃん固まる。犬はだいぶこわい。

IMG_1140aatyan.jpg
でも持ってみたっ。頑張ってみたっ。 でもちょっとこわい。
 






実はこの時、私は大変なことに気付いたのでした。

ああちゃん猫好きなのね。猫1匹、2匹、3匹、よ ん?
あれ?いない!1匹いない!!
どっかに置いてきちゃったかも!

ってことになってました。

さあ大変。
この時夕方4時。朝から常滑の街を撮影で連れ歩き、終えたのはお昼。
うわわわわ。捜さなきゃ。
慌てて記憶をたどり、まずは最後の撮影ポイントへ。
このへんで道に並べて撮ってたけど…。

IMG_1814sironeko.jpg

いた!!!
あー、誰かここに乗っけてくれたんだわ。優しい。誰かさんありがとう。無事でよかったあ。

約一ヶ月前の出来事でこの日は朝から30℃越えの猛暑日、散歩しながら撮影3時間が経過し、
最後、ここで地面に張り付いて撮影してたらあまりの暑さに頭クラクラきてしまい、撮影終了。
そして出待ちで地べたに置いてたこの子をそのまま置いてきてしまったのでした。反省。

時々、ついうっかりのプチ騒動をおこす私です。へへ。
早く気づけてよかったわ。気づかず東京戻ってたと思うと、ちょっとこわい。
ああちゃんありがとね。



全開ボーイ

甥っ子しょうちゃん。
ちゃめっけたっぷり、おふざけ全開ボーイです。

いとこの歯科衛生士いわく、
「しょうちゃんさ、歯医者でもふざけててさ、足で体はさんでくるし、椅子倒しても絶対一回で倒れてこんよ。隙あらば私の鼻の穴に指つっこんでやろうってくらいだし。」

ぶっ!
えーっ。人の鼻の穴に指つっこもうなんて。そんなことするのチンパンジーのパン君くらいかと。。

おいおい、しょうちゃん。

私それできないな。
すごいな、しょうちゃん。


IMG_1112syotyan.jpg
テンコ盛り♪♪


日本画から

先日、母校武蔵野美術大学へ。
教授が退任されるということで展覧会が開催され、オープニングレセプションに出席してまいりました。
滝沢具幸先生。広く、大地のような先生。素晴らしい作品を描き続けておられます。
先生、ありがとうございました。お元気で、これからもご活躍をお祈りしています。

そしてきのうは国立のコートギャラリーへ。
友人の島崎夏世さんの個展。
空気澄み、軽やかに、呼吸ゆったり、言葉にならないものを豊かに描き出しています。
人もステキで作品もステキです。20日まで開催。



一つのことを続けることは簡単なことではなく、すごいことだと思います。

大学の日本画仲間にたくさん会う機会重なり、今の私を振り返ってみました。


入学前、受験で私は実は3度も失敗し、でもどうしても美大で日本画が学びたくて、3浪もさせてもらいました。
浪人中は徹底的にデッサンデッサン、水彩で写実を追求をし、美術館などにもよく行きました。
19歳で上京、母との電話は「リキ元気?」でした。(リキは愛犬ビーグル)
やっとムサビ日本画科へ入学でき、そこはパラダイス♪ 楽しい人達いっぱいと時を過ごし、謳歌しつつ、
日本画の自然素材に触れ、日本の美を学びました。
サークルの陶芸では、立体のおもしろさと生活の中のアートの喜びを知り、遊びで写真を始め、
在学中からはじめた美術教室先生の仕事、創造力を伸ばす教育を目指しこども達とふれあいました。
そして羊毛と出会い、羊毛で作家活動始めながら、
美術館に勤め、社会を知り、多忙に必死に、組織の一員として働く経験できて、任務果たせたと自分なりに思えたところで
作家として独立。
現在に至ります。

羊毛を触れるようになってから10年、時間的余裕なく、日本画画材には触れられてません。
3浪もしてしがみついた頃は、まさか絵の具を羊毛に、筆を針に持ち変え、活動するようになるとは思ってもみませんでした。

でもすべてが繋がって今があります。
全部の経験が今の私を作り、全部が無駄じゃない。

そうして、たまたま、今私が出会えた仕事は
生活の中にある楽しみで、親しみやすいアートで、人が喜んでくれたりします。

そんな素材に出会えたこと、そんな仕事をさせてもらえること、私はしあわせだなぁとつくづく思います。
感謝です。
これからも吸収して、挑戦して、日々精進。今の活動を広げていけたらいいなと思います。



syakuyaku.gif
↑大学1年のころ描いた日本画。 絹本着彩 芍薬




WISH教室・講師養成講座

3日間お教室でした。

IMG_1881wish.jpg
Dog Culture WISHさんでの1日教室。
初めての方もいらっしゃいました。みなさん愛犬家の方々、作品に愛情いっぱいです。かわいいわ♪
ありがとうございました。

そしてWISHさんでは、5匹のワンコ先生に会えました。
タービュレンとシェパードとラブラドールの大型犬3匹と、キャバリア2匹。
みんな人なつっこく、ドンッ!ペロペロペロペロッと挨拶に来てくれ…。
何も飼っていなくて道行く犬猫を遠目に観察が日課の私、実は本物に慣れてなく (よく、えーっと言われます)
私と同じくらいおっきい本物に、内心ビビリ気味でしたが
かわいかったわ♪
そして、なでなで、ジロジロ観察させてもらちゃったわ♪


次の1日教室のご案内
日時:10月30日(日)13:00~17:00
場所:池袋コミュニティカレッジ 03-5949-5483
愛犬愛猫のお写真見ながら、伏せポーズで、かわいいこを作りましょう♪
IMG_26571daylesson.jpg






火・水は『中山みどりの羊毛フェルト愛犬愛猫教室』の講師養成講座と講師用の講座。
毎月小平で行っています。

約10年、1000体以上作り続け、自ら生み出し培ってきた技術。
作家としては、技術は簡単には教えないものかもしれません。
ですが、ここでは、中山みどりの教室をする上での大事なこと、技術や心得など、講師の方々にしっかり身につけてもらいたく、真剣に本気で教えています。
みなさんも意識高く、学びとろうと真剣で本気です。
自分が楽しんだように、多くの方に羊毛フェルト愛犬愛猫作りを楽しんでもらいたくて
講師のみなさん愛を持って努力されてます。
でも簡単ではないことなので、時に、みなさん悩みつまづくことも。
でも、何の世界もそういうものかなと思います。
最初から全部完璧準備OKどんとこいのスタートはなく、
私も今のように昔から教えられてたわけではないです。
羊毛フェルト犬猫作りは奥深き世界。
気持ちに寄り添い、今できることを教えてあげて、生徒さんが喜んでくれたとしたら、教室としてはきっと成功でしょう。
そして教えることで発見があったり、逆に生徒さんから教えてもらったり。
そうして多くの方とふれあい、経験をさせてもらって、今の私があり、まだまだこれからも成長していけたらと思っております。
講師のみなさんも、一つ一つ積み上げて、楽しみながら成長していってもらえたらいいな、
一緒に、多くの人に楽しいを広げていってもらえたらいいな、と思います。


教室依頼をたくさんいただきます。関東をはじめ新潟・大阪・愛知…
お応えできないところも多いのですが、講師の先生達頑張ってまして、秋より新たに開講する教室がいくつかあります。

・よみうりカルチャー京葉      (講師:榎添恵子)
・よみうりカルチャー柏        (講師:榎添恵子)
・セブンカルチャークラブ蘇我   (講師:榎添恵子)
・ヨークカルチャーセンター上永谷 (講師:山口留端)
・セブンカルチャークラブ溝の口  (講師:山崎晴美)
くわしくはこちらをご覧ください。

中山太鼓判押し。基礎技術を充分身につけ、人的にも魅力的な講師のみなさんです。
ふんわり柔らかい羊毛でふんわり柔らかい愛犬愛猫作り。
きっと、ふんわり柔らかい導きで、楽しんでいただけると思います。
愛犬愛猫作り、この秋、ぜひ挑戦してみませんか?




アートコレクター

IMGartcollector.jpg
9月号は立体リアリズムの特集。
動物の彫刻として私の作品も紹介いただきました。
IMG_0001artcollector.jpg

IMG_0001artcollectorbubun.jpg

立川伊勢丹で展示の紹介も。
10月5日より11日まで立川伊勢丹でイベント展示があり、参加させていただきます。
昨年は個展にむけて一年間一点集中して制作に取り組んでおりましたが、今年はいろんな場所で細々、小規模ですが参加させてもらっています。
いろんな作家さんの作品も拝見できて勉強になります。
今度の立川伊勢丹イベントでは、友人でステキな陶芸家、浜坂尚子さんとも一緒になるので、それも楽しみです。

先日立川に写真用作品を納品に行きましたら、伊勢丹カードの絵の平島毅さん作品展開催中でした。
ロウケツ染めの絵、約100点。
自由で柔らかで心に染み入るような動物たちに魅了されました。
テーマは『祈り』
震災を経て平島さんは絵かきとしてできること=絵を描くこと、犠牲者の数だけ絵を描き続けているそうです。
会場の一角に、ちっこい陶器作品も。
目をしょぼしょぼさせて頑張って祈ってくれてるクマが気になり、我が家に連れて帰ることにしました。
ちょうどサイン会で作家ご本人がいらしてて、その場で絵を描いてくださったことに感激。ありがとうございました。
IMG_1876hirasimasan.jpg


もう一つご紹介。
今回の『アートコレクター』の記事です。
IMG_0003saitosensei.jpg
齋正機さんは美術予備校で教えてもらった先生。
齋先生の絵を見ているとあたたかくて優しい気持ちになります。12/13まで成川美術館。見に行きたいな。

美術予備校先生話でもう一つ。
私が初めてデッサンを教えてもらった時の先生はなんと奈良美智先生。そのあと杉戸洋先生にも教えてもらいました。ステキなお二人で印象深いです。
今や世界で超有名なアーティスト。私は大勢の中の一生徒ですが、すごい先生に教えてもらってたんだなぁと嬉しく思います。
これ私のプチ自慢です♪




アート。
お腹をふくらませられないけど、心を無限にふくらませられるもの。
日常を彩ったり、考えるきっかけをくれたり、想像を楽しめたり、価値観が広がったり、時に何かを打ち破るエネルギーになったり。


お腹もふくらませて、制作頑張ろっと。


プロフィール

中山みどり

Author:中山みどり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。